2011年02月27日

太平洋の奇跡

 議会を終え、ちょっとリラックスしようかな・・・トーホーシネマズのレイトショーで話題の映画「太平洋の奇跡」を観てきました。
タッポーチョ山1.jpg
 映画の論評は避けますが、この映画は太平洋戦争末期、玉砕されたサイパン島で16ヶ月間に渡って山中に潜伏し47人の兵士と共に戦い、民間人の命を守り続けた大林栄大尉の物語です。

 学生時代にこのサイパンで戦没者の遺骨収集事業に携わった私にとってこの映画はとても身近な話でしたので、是非観たかったのです。
タッポーチョ山2.jpg
 写真は24年前の私が、映画でも主要な舞台となるタッポーチョ山で御遺骨の捜索に当たっていたときのもの。映画でも描かれていますが、本当に深いジャングルで、写真のような洞窟も発見されます。その場所を私は知っているだけに・・ここで一年以上も野営しながら敵軍と戦い、最後まで軍人としての誇りを捨てなかったことの苛烈さに感じ入ります。

 横井さん・小野田さん・・この名前を聞いてピンとくる人が少なくなりましたが、戦争が終わって何十年もの間終戦を信じず、太平洋の孤島で戦い続けた兵士がいたことも事実。
 とても感銘深い映画でした。
posted by おさだ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43608170

この記事へのトラックバック