2011年03月22日

救援物資

 ずいぶん前のことになりますが、長野県王滝村という山村を襲った長野県西部地震の記憶。村の多くを土砂崩れが襲い、とり残された住民が小学校の体育館に避難したが、毛布が足りない・・・と、テレビが報道し、そのたとたんに全国から毛布が送られ・・その膨大な量で体育館が一杯になり、住民が避難する場所が無くなった・・。
 全国の人たちから寄せられた心温まるもの、捨ててしまうわけにもいかず、その後村はその毛布の処分に大変苦労したとか。

 あのころまだ学生だったはずの私のつたない記憶です。

 今、東日本大震災の被災地では水と食料と燃料と医薬品と電気が足りません。その他必要なものはたくさんあるだろうし、逆に寄付したいと思っている全国の人たちと物資はそれをはるかに上回る数と量だろうと思います。問題は何がどけだけ必要で、それを不足することなく、過ぎることなく、的確に届けられる両者の間のコーディネイト。行政の役割こそこれなのですが、震災から12日目となる今も情報は混沌として上手くマッチングできていないようです。

 かと言って我々個々がスタンドプレーに走っては被災地の混乱を招くばかり・・・如何ともし難い苛立ちがあります。

 今日も県へ行って情報の収集に努めてきたいと思います。
 もちろんJR相模線のことも。
posted by おさだ at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43948888

この記事へのトラックバック