2011年04月13日

元気出そうよ!

・平塚の七夕も中止にするとかしないとか、今朝の新聞に出ています。
・プロ野球は開幕しました。
・毎年恒例海老名の弥生神社の例大祭は「震災復興祈願祭」として催行されました。

 一刻も早く被災者を救援し、亡くなった方に哀悼の真を捧げることが必要です。そして死者を弔うにも初七日、49日、百ヶ日、一周忌と節目があるように私たちの震災に対する態度も節目をつけていかねばならないのではないかと感じています。

 そろそろ私たち神奈川のように大きな危害の無かった地域の住民は元気を出して通常の生活を取りもどし、何より経済活動を活性化することが大事なのではないか。自粛することと節度を持つことは意味合いが違うはず。私たちは今こそしっかり働き、企業は利益をあげて税を納め、この国の国力を維持することに努めるのが何よりもの復興支援につながると私は思います。

 昨日市内のとある中小企業をお訪ねしたとき、原子力や化石燃料に代わるマグネシウムのエネルギー活用について社長さんから力説を頂きました。
 
 無尽蔵でクリーンで安全な代替エネルギーの開発。取り組んでいきましょう!

 あぁ・・それと、たいして役にも立たないのに被災地入りする政治家よ、相手に迷惑がかかるだけだからやめなさい。まして被災地をバックに写真だけ撮って帰ってくるようなこと、しないで欲しい。
posted by おさだ at 08:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
英米人の脳裏には、現実の世界があると同時に、非現実の世界観 (world view) がある。

現実の世界を現在時制の内容で表現すると、非現実の世界は未来時制の内容として表現できる。
現実の世界と非現実の世界は、英語では一対一の対応がある。
そして、現在時制の内容に対応した未来時制の内容が過不足なく考えられる。

真実は現実の中にある。が、真理は考え (非現実) の中にある。
現実は真実である。現実の内容として述べられる非現実は嘘である。
時制がなく、現実と非現実の区別がつかなければ、本人は嘘ついてるという自覚はない。
話の内容が現実離れしていることに違和感がない。

現実の内容は五感の働きにより得られるが、非現実の内容は瞑想により得られる。
現実の世界が過不足なく成り立つように、考えの世界も過不足なく成り立っている。
もしも、考え (非現実) の世界に矛盾があれば、それを見つけて訂正しなければならない。
自他が協力して構想の中の矛盾を丹念に淘汰すれば、非現実の世界は現実の世界と同じ広がりと正確さをもち、場当たり的な発言の内容とはならない。

日本語脳は、非現実の内容を脳裏にとどめ置くことができない。
それは、日本語には時制がないからである。
日本人は常に実を求めている。現実にとどまることのみを信じている。
日本人の考えは、現実の外に出るものではない。
現実を現実の外にある理想に導くものではない。

西遊記に出てくる孫悟空は、自己の有能さに得意になっていた。だが、釈迦如来の手のひらの中から外に出ることはできなかった。孫悟空には、世界観がないからである。

英語の時制を使うことができない英米人は、子供のようなものである。
だから、非現実の世界を考えることができない日本人は、12歳の子供のように見える。

考えがなければ、議論ができない。
日本では「議論をすれば、喧嘩になります」と言われている。
意思は未来時制の内容である。
時制が無ければ、恣意となり、その思いは公言にもならず宣言にもならない。

物事の決着は、談合により行われる。
そこには、公言も宣言も必要でない。
意見を述べようとすると「理屈を言うな。理屈なら子供でも分かる」と言って相手にしない。
もっぱら恣意と恣意のすり合わせを行って決着する。いわゆる、どんぶり勘定である。
和をもって貴しとなすためには、金を配るしかない。これも馬鹿の一つ覚えか。
現ナマは、現実の内容であり、日本人には信用の証となる。

究極の人生目的は、狭義の自己利益・金を得ることにある。
国内では、学閥など序列を作って自己利益を確保しようとする。それで、忠義が尊ばれている。
人間が縦一列に並んで他を入れない密な人間関係である。
序列作法の励行により、序列の外に出られない島国根性が植えつけられる。だから、玉砕を覚悟する。

国内においても、国際社会においても、日本人は金を配って存在感を示そうとする。
これもひとえに社会の中での序列順位向上のためである。
だが、日本人は内容のない発言により信用を失うことが多い。
それでも、日本人は人類のために貢献している。
だが、その貢献の仕方は、発言のない家畜が人類に貢献するのと似たところがある。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

Posted by noga at 2011年04月13日 09:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44266592

この記事へのトラックバック