2011年06月10日

参考人を招致

 今すぐできること、やらねばならないこと。に対して、できるだれすみやかに準備を進めて行なうべき課題を仕分けて、今やることはすぐにやる。それが今回の震災後の県行政の課題。

 昨日は神奈川県議会震災対策調査特別委員会。原発事故に伴う様々な問題と今夏の電力不足に向けた節電対策などについて集中して審議を行いました。

 議員から出された質問の中で多かったのがやはり、学校の校庭やプールなどの放射能の問題。食品や水なども同様に放射能濃度の測定をするための機器や設備が充分でなく、不安を抱えている県民が多くいます。そうした中最近では市町村が独自に機器を購入する動きがあったり、個人が自主的に測定した値をインターネットで公表して波紋が広がるなど測定のあり方や情報公開のあり方に問題が出てきています。放射能を計る機器の精度も価格もピンキリだし、計り方によっても違った値が出るそうですから、不用意なことをすればいたずらに県民の不安をあおるだけ、ということになります。
昨日の我々としては県に対してガイガーカウンターなどの機器を相当数購入するよう県に働きかけ、県民が不安を感じている場所などについてはきちっとした形で放射能濃度の測定を行なうよう求めました。これはすぐにでもやらなければいけない課題。

 さて、電力の問題や原子力のことについてはやはり専門家に直接話を聞かないとらちがあかないことも多く、当委員会では私どもの会派から提案する形で次回の委員会に東電の社員と原子力の専門家を参考人として招致することを決めました。

 次回の委員会は6月16日午前10時30分から。(県民による傍聴可)

posted by おさだ at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45865582

この記事へのトラックバック