2011年08月11日

大連立で復興を!

 菅氏の首相退陣が現実的になってきた。もう今さらその名を呼びたくも無い愚相のことはさておき、一日も早く新政権を発足させて大震災による被災地の復興に向けて政治がまい進して欲しい。
 否、復興だけでなく、超円高による日本経済の空洞化を阻止することも、エネルギー政策の現実的な転換も、日本の根幹を揺るがしかねない待ったなしの課題だ。

 そのために、今は過去のわだかまりを乗り越えて与党も野党も、強いて言えば官僚組織も連立・協力してこの有事にあたって欲しい。その上で消費税の増税という避けられない課題にもこの際答えを出すべきではないだろうか。

 震災から5ヶ月、政権の居座りで遅きに失した感はぬぐえないが、今からでもいい。ここぞという時の日本政治の団結を国民に世界に示したい。
posted by おさだ at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47312034

この記事へのトラックバック