2011年09月29日

決断

 近代における日本の政治家で特に評価されるべき人を三人挙げるとしたら、私はまず日本の高度成長と日中国交回復を成し遂げた田中角栄。国鉄や電電公社などの民営化(行革)を成し遂げた中曽根康弘。そして国民の批判にボロボロになりながらも消費税を創設した竹下登。だろうと思っている。
 やった仕事の是非は今後も歴史の法定で裁かれ続けるとしても、その時その時本当に必要だと考えられる政策はいかなる反対や障壁があろうとも断行する政治。私たちの国は歴史の節目節目でそうした決断をしながら今日を築いてきた。

 しかるに今日私たちの国が迎えている危機は、国際的にも財政的にもそして大震災という出来事の面でもこれまでに経験したことのない苦境である。こんな時に政治が目先の批判やマスコミの悪戯な報道にひるんでいるようでは話にならない。いわんやスキャンダルみたいなことで政治家どうしが足を引っ張り合う様は見るに耐えない。小沢問題など放っておけばいいじゃないか。

 政府民主党が復興のための増税を決断した。田中、中曽根、竹下、上記三氏の成した仕事に比べれば小さな仕事だし今後の財政を思えば更なる増税と農家補償や高校無償化などの政策的な歳出削減と国家公務員の削減、政治家の削減など大幅な行革を行なわなければこの国の財政は立ち行かないことは、今や900兆円の借金を前にダレが見ても明白。

 景気が低迷しているときに増税なんてとんでもない!と声高に叫ぶ政治家も多いが、そんなことを言っていたらおそらく未来永劫財政再建なんてできないだろう。

 今の民主党ではこの程度が精一杯の感もある「とりあえず増税」ではあるが、一つの方向を示した以上ハラをくくって実行して欲しい。それができなければ本当にこの国の政治は終わってしまう。
posted by おさだ at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48214555

この記事へのトラックバック