2011年10月13日

太陽には影が無い

 色々と迷走した9月議会だが、いよいよ明日の本会議で採決となる。
 太陽光発電に関する黒岩知事の公約問題については、ジャーナリストであった同氏を知事の候補者として発掘してきた私たち自民党にも責任は大いにあると感じている。「4年で200万戸のソーラーパネルを、それも無料で設置できるようにする。」という公約の現実性を検証することもなく選挙で支援にまわった。

 同じ知事選挙に出馬して負けた候補にしてみれば「あの公約は電力危機を乗り越えるためのかけ声でした。」みたいなことを言われて納得するわけにはいかないだろう。・・・それにしても黒岩さん以上に問題なのはそもそも選挙の直前になって政治的野心から不出馬を決めた松沢前知事なのだが・・。

 明日を契機にこの問題には区切りをつけて前に進もうと思う。新しい時代のエネルギー政策を神奈川からリードしてゆく。そうありたい。

 最後に「太陽光」「太陽経済」と太陽を口にしてきた黒岩知事にひとこと言いたいことがある。

「太陽には影が無い。」
posted by おさだ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48464461

この記事へのトラックバック