2011年11月16日

プラタナス

 小春日和の農家の庭先にムシロが敷かれ、切干大根や粉の吹いたさつま芋が干される様子に日本の秋を感じます。

 横浜の下町、大鷲神社では一昨日酉の市が行なわれ、今年も大小の熊手を売る盛大な市がたっていました。三の酉まである今年は昔から火事や災害が多いとされていますからどうぞご用心を。

 本郷神社の境内では慣れない紋付袴の着物を着てか着られてか・・・七五三の子どもが氏神様に手を合わせていました。

 秋ですね。

 戦い終わった海老名の街にプラタナスの葉が舞っています。
posted by おさだ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50329101

この記事へのトラックバック