2012年04月06日

横浜独立

 横浜市が神奈川県から独立して都道府県の一つのような自治体になろうと以前から研究を進めているのは周知の事実。これに神奈川県知事がとんでもない!と、不快感をあらわにしている・・・なんて記事が2、3日前の神奈川新聞に書かれていましたが・・・。

 横浜独立、私は結構なことだと思う。ついでに川崎も相模原も独立してもらって二重行政を解消し、神奈川県庁は海老名に持ってこようではないか。

 そもそも神奈川の場合、県の中に政令市が三つもあって、そこの人口が県全体の65%も占めているということ自体が異常なのであって、清川村も横浜市も基礎自治体として県がひとくくりにしようとする方がよほど不合理。こうした問題は神奈川県だけでなく、全国的に自治体のあり方についてリセットしようという機運が高まっていて、大阪維新の会など地方政党が盛り上がるのもこうしたことが背景にある。

 知事も神奈川神奈川と・・、まぁ知事だから当然かもしれないが、あまりお山の大将にならずに柔軟な発想を持って欲しい。

 神奈川の財政が厳しいなんて言うが、県民が納めた税金の大半が国に吸い上げられ、他の地方にバラまかれている。そして国の財政のひどいことと言ったらご存知の通りとんでもない状態。今の中央集権システムをいったんぶち壊すためには地方(自治体)と国の対立構造を作り上げて、権限と財源を勝ち取らなければこの国は変れない。

 私は常々そう考えている。
posted by おさだ at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54829393
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック