2012年04月23日

Nipponia nippon

 学名ニッポニアニッポン。佐渡で放鳥したトキにヒナが誕生したという。喜ばしく、そして複雑な思いに駆られるニュースでもある。
 秋田では檻に閉じ込めていたヒグマが逃げ出し人を襲ったという。
 日本の空から雀が激減しているという。
 そのうち雀の保護もするようになるのか?

 今朝は神奈川独立国というニュースが新聞の一面を飾る。この手の黒岩さんの思いつきは、むしろほほえましいとでも言おうか、その荒唐無稽さが国民の失笑さえ封じ込めそうだ。黒岩さんが他者を評して言う通り「研究するのは悪くない。」構想でも夢想でもいいが、せめてあまりお金をかけない程度にして欲しいものだ。

 さて私の事務所では軒下に二組の雀が巣をつくり、この季節子作りにはげんでいます。そしてこともあろうか出入りの家主(私)をチチチチッと威嚇してきます。「怒るなよ、お前達だって天敵を寄せ付けないために俺たちのそばに巣を作るんだろ。」と、話しかけてみたり・・「思い上がるなよ、雀の心配する前にお前達人間こそ絶滅危惧種だぜ。」って雀が言うや言わずや。



 歳時記によれば、子作りに励むこうした雀を孕雀と言うのだとか。

 旅疲れ孕雀を草に見る 高浜虚子

 なぜか春は憂鬱にかられるときがある。

(参考)http://www.youtube.com/watch?v=45EmMj-Gbwo
posted by おさだ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55450951
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック