2012年06月11日

男の背広

 今日あたりは少々梅雨ざむの一日になりそうですが・・皆さん体調を崩されたりしていませんか?

 県庁ではすっかりクールビズで、職員の皆さんも一様に白無地のワイシャツ、二、三十人も並ばれますと眩しいほどです。

 さて、軽装は楽で良いのですが、困るのは所持品の所持。よく女性から「手ぶらでいいですね。」と言われますが、実は男の背広上下にはおよそ13ものポケットが付いていて、それがバッグの役割も果たしています。
 私の場合、上着の右内ポケットに手帳、左に財布、内側の左下にある小ポケットに名刺、胸の外ポケットに携帯電話を入れています。左右外側のポケットに固形物を入れますとモコモコと膨らんでみっともないので右にハンカチ、左にテッイシュ。ズボンの右ポケットに家やクルマの鍵を束ねたキーケース、左は小銭ジャラジャラ・・・おまけにワイシャツの胸ポケットにボールペン、ポケットの中に更に付いている小さなポケットにバッチを入れたり・・とここまで解説するとまるで鎧をまとっているようですが、つまり男の背広は収納性抜群なのです。
 中にはセカンドバッグを持つ男性もいますが、あれを小脇に抱えた風情が様になっている男はなかなかいない。大方ハンドバッグを持った女性を連想させるかヤクザチックか・・、私などが持てば格好悪いばかりかたちまち会議室のテーブルや駅のトイレに置き忘れて来るのがオチでしょう。

 そんなわけでこの季節、クールビズは結構ですが所持品の扱いにことのほか難儀する毎日。大工の釘袋みたいな形で、何かセンスが良くて機能的、ビジネスライクにも利用可能な所持品の携帯方法を提案してくれないかなぁ・・。
posted by おさだ at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56378483
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック