2012年07月10日

福沢諭吉翁 心訓

 第二回定例議会が終わりました。最後の討論では、知事が外部有識者に依頼して方針を出してもらった「准看護師養成の取りやめ」や、「県有施設の原則全廃」についてはほぼ全ての会派が黒岩知事の方針や進め方を批判するという異例の状態に。改革にはえてして不利益を被る人がでる。さればこそ進め方を誤ればうまくいかなくなる。大上段に構えて正当性を訴えるだけでは稚拙に過ぎる。そんな前途多難を印象付ける幕切れとなりました。

 さて、私の地元本郷地区の自治会館にこんな額縁が掲げられています。
hukuzawa.JPG

 見上げるたび、一行一行に心打たれます。
posted by おさだ at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56964506
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック