2012年07月13日

県道横浜伊勢原線について

 海老名市か何かの説明会で県道横浜伊勢原線(本郷の富士ゼロックス前の県道)を拡幅整備すると説明があったが本当か?という問い合わせを何件か頂いております。

 かなり誤解があるようなのであえて説明させて頂きますが、神奈川県の長期的な道づくりの計画である「神奈川道づくり計画」にこの路線の整備を位置付けました。しかし残念ながらすぐに事業に着手できるような話ではありません。

 この路線については「戸沢橋からJR相模線を渡る陸橋までの区間」を先行して私が県議に当選した5年前にみちづくり計画に乗せのですが、いまだ具体化のメドはたっていません。圏央道のインターチェンジが寒川町内に二つできるなど、周辺の交通状況の変化を見ないと判断できないということと、戸沢橋の架け替えとJRを渡る陸橋の架け替えという大事業が前提となることからこうした状態が続いておりますが、少なくともこの戸沢橋部分の拡幅ができないうちは藤沢方向に向かって拡幅を行なう意味がありませんので、仮に拡幅が実現するとしてもかなりかなり先の話になると思われます。

 以上神奈川県県土整備部の見解も含めてのお話です。

 暑いですね。私はこれから母校の野球部の応援に出かけます。皆さん熱中症には充分お気をつけ下さい。

posted by おさだ at 09:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
出来ないと、言う言葉はいりません。いつまでにと
言う言葉がないと、今の国政と一緒だと思いますけど。道路は経済的にも大事ですよ。
危険性にも考えてくださいよ。
台風などで、車が横転したら人災ですよ。
人の命を軽く見ないでください。
Posted by yottyan at 2012年07月30日 12:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57023402
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック