2012年08月09日

近いうちに解散

 私も議員の端くれとしてそれなりに情報の入手に努めていますが、昨日の民・自・公の党首会談で、衆議院の早期の解散が決まったと判断しています。こんなときは“(解散は)いつですか?”とみんな言質を取りたがりますが、野田佳彦という人は嘘を言う人では無いと思うので、消費税法案が可決されれば速やかに解散時期を検討するだろうと判断しています。しかしその時期を野田氏が言えないのは、また自民党も言わなくても了承したのは、他に可決させなければならない重要法案があるからでしょう。今国会の会期末は9月8日ですが、それまでに決してしまわなければ国民生活に支障をきたす法案もあり、こうしたことだけはちゃんとやってもらわなければならなりません。国会議員の皆さんは夜を徹してでも法案の採決に取り組むべき。

 一方野田氏も谷垣氏も9月末の党首選を経てから選挙に臨みたいという思惑があり、各々の党内で水面下の動きが始まっていることから、これが解散の時期にどう影響するか不透明ですが、そんなことはあなた方の個人的な思惑の問題だから国民にとってはどうでも良いこと。両氏ともそこまで大局が見えないわけでもないでしょう。

 良い悪いは別として、三党の党首が概ね同じ方向を向いている今の政情では、中小の野党が内閣不信任案を提出したり、自民党の若手が緊急アピールで三党合意破棄を求めたり、そうした動きも演出のうちと、少し離れたところから政治を眺めて見ることが一番見えやすいような気がしています。

 

 
posted by おさだ at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57508392
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック