2012年08月12日

オリンピック

 ロンドンでは日本の女性陣の活躍がすばらしいですね。特にサッカーの銀、卓球の銀、バレーボールの銅など団体戦で体格に勝る相手にチームワークで勝つ姿には感動を覚えます。もちろんレスリングなどの個人種目での活躍もすばらしいですが。

 一方男は・・・体操の内村に続いてボクシングで二個目の金メダル獲得。どうにか金二個なら・・・男と呼べるか・・・余談ながら、韓国の大統領が竹島に上陸した晩にサッカーで男子が韓国に敗れ、憤懣やるかたない思いの国民も多かったと思いますが、女子バレーがしっかり同国にストレー勝ちしてくれる。もっともそんな政治的な目で五輪を見ちゃいけないのだけれど、それにしても当面この国は女性たちに引っ張ってもらうしかないかもしれませんね。

 それから、これまでメダル至上主義だった中国の活躍にかげりが見え始め、中国選手の口から「メダルを取るだけがオリンピックではない。」といった発言が目立つと報道されるなど、北京五輪で国威発揚の頂点を迎えた中国が、これからどんなふうに変化して行くのか、この五輪は一つの転機になるような気がします。

kawahara.jpg
 さて私は・・元プロ卓球プレーヤーで全日本卓球チームの監督も務められた河原智先生が主宰する、河原卓球研究会の会長をしております。
 昨日は県央地域の幼児から一般まで600人ほどの卓球プレーヤーを集めての大会を開催しました。世界の晴れ舞台で戦うのもスポーツなら、街の体育館で一汗流すのもまたスポーツ。底辺の拡大なくしてトッププレーヤーの育成はままなりませんからね。
posted by おさだ at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57554357
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック