2012年08月20日

カブトムシ

 私も少年のころはカブトもクワガタもたくさん集めました。
 本当は持つと(足のトゲが)痛いし、えさのスイカが腐ると臭いし・・・あまり好きではなかったのだけれど・・でも友達のみんながたくさん捕まえていたし、カブトもクワガタも見ているだけなら格好いいし、カブトムシ、ノコギリクワガタ、コクワ、オニクワ、そしてブタミッチョ(笑)蚊にくわれながら森に入ったなぁ・・・

 一時期はずいぶんと減りましたが、近年近所の森にもこうした昆虫が増えましたね。

 なぜだろう・・・多分、彼らが卵を産みつけ、幼虫が成長するのに好適な堆肥を作る農家が増えたからではないかと私は推察しています。

 それにしても、毎夜その森にはクルマが停まり、森の向けて煌々とライトを照らし、子どもは恐々後につき、奥さんはクルマの中でエアコンにあたり・・・自分だけヤル気満々のお父さん。そんな光景をよく目にします。

 若いお父さん、実は自分がカブトムシを欲しいだけ?なんじゃないかなぁ・・・と、傍で見ていて思うことも多々あります。
posted by おさだ at 06:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
私は、カブトムシを卵から、孵しました。
Posted by 虫 at 2012年08月25日 22:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57659837
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック