2012年08月25日

領土問題は足下の問題でもあり。

 石原都知事のように一貫して主張してきた先導者は別として、領土問題のようなナショナルなことで国民の多くが一つの方向に向かい始めようとするとき、政治家はその波に乗ろうとするのでなく、大所高所から客観的な視点を持って対処すべきではないだろうか。

 一つ間違えば紛争にも発展しかねないこうした問題について、間違っても国内の政局のネタにするようなことは民主党も自民党も厳に控えなければならない。
 民主党政権のテイタラク、とりわけこれまでの日本外交の土台を台無しにした鳩山某の相変わらずのボケぶりには嘆かわしいにも程があるが、自民党だってこと領土問題について他者を批難できるほどの成果をあげてきたわけではない。だから鬼の首を獲ったように政権批判するのもいかがなものか・・。

 近視眼的な見方かも知れないが、ロシアとの北方領土問題も含め、今日日本に起きている中国と韓国からの威圧は、鳩山政権が米軍基地移転問題で日米関係にヒビを入れてしまったことから始まっていると私は観ている。だから日本の政治家は知恵を絞ってあの時点まで時計の針を巻き戻す努力をしなければ今後もこうした事態は続くことになるだろう。

 しかし今や米国は民主党政権をカウンターパートと見なしてはおらず、従って一刻も早く解散総選挙を行なうこと。そして汚してしまったテーブルをきれいに拭き直し、自らの居住まいをこそ正して相手の着席を促すしかない。つまり今日の領土問題は私たち日本政治の足下から始まった問題なのだ。

 政治家は、ことこの事態に至ってから殊更に国民を煽動するような言動は、天に唾する恥と知るべきではないか。
posted by おさだ at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57774812
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック