2012年08月29日

相模川が大変なことになっています。

母なる川、相模川のこの惨状を見て欲しい。
sagamigawa.jpg
 相模大橋の上流部。今の時期、バーベキューなどを楽しむ多くの人でにぎわう厚木側の河原は石や砂利がすっかり流失して岩盤なのか?土質の部分がむき出しになってしまっています。

 今日は現地調査を行ない、県の土木事務所や漁業関係者の話を聞いて来ましたが、原因は河川上流にダムなどができて砂礫が供給されないことに加え、毎年行なわれる花火大会のたびに重機を入れて、大きく河原の形を変えてきたことにより砂礫の地盤が緩み、対岸の海老名側に偏りすぎてしまったためではないか?と考えられるようです。

 どこかから砂利を運び込んでこの場所に積み上げたところで大雨が降って水量が上がればたちまち流失してしまうでしょう。場所が相模川と中津川、小鮎川の三河川が合流する水の流れが複雑な地点であることから、もっと上流部から川の流れを変えるような対策が必要のようです。
sagamigawa-2.jpg
 昔の航空写真を元に今と昔の水の流れの違いを比較するなど、県は抜本対策のための研究と対策を早急にを始めるよう要請して来ました。
posted by おさだ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57850523
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック