2013年01月10日

巳年

 今さら言うまでも無く今年は巳年。「巳」という字は、胎児の形を表した象形文字だそうで、「起こる、始まる、定まる」などの意味があるそうです。

 巳=蛇は脱皮しながら成長する生き物で、再生の象徴として、あるいは神の使いとして古くから信仰の対象となることも多く、祭祀や祀りごとの「祀」に「巳」が用いられているのは蛇を自然信仰の象徴としているからだそうです。

 日本再生を目指す新政権にとっては縁起の良い干支に恵まれた年なのではないでしょうか?

 今日の政治を蛇を使ったことわざになぞらえてみれば・・・
民主党政権の成果は「蛇が蚊を飲んだよう」に物足りなく、彼ら自身も「蛇に噛まれて朽ち縄に怖(お)じる」がごとく萎縮してしまっているようにも見えます。「蛇は一寸にして人を呑む」とも言うから、どの政党からも有能な若手が多く出てくることが、政治の再生につながるのではないか?そして自民党政権には「長蛇を逸する」ことなく、機敏な政策運営を望むし、始めは勢いが良くてもしまいは振るわない「竜頭蛇尾」にならないよう願いたい。

 まことに蛇足な日記となりました。


posted by おさだ at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61349327
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック