2013年01月30日

経済大国

 政治の仕事をしていて、やはり嬉しいことは応援した人(政治家)がみごとな活躍をして、国や地域が良くなると実感できたとき。

 そんな意味で先日世界の首脳や経済閣僚が集まって世界経済を議論したダボス会議での甘利経済再生大臣の活躍には、率直に嬉しさを感じました。

 日本の円安政策に矛先を向けて批判するドイツのメルケル首相らに対して実に堂々とした態度で「2%のインフレ目標は世界標準だ。」と突っぱねた上で、「我々は世界第三の経済大国である。その我が国の経済が良くなることは、必ずや世界経済に良い影響を与えると確信している。」と日本を代表して発言し、カナダを始めとする国々から日本を擁護する発言を引き出した。

 そうか!そうだよなぁ・・私たちにニッポンは世界第三の“経済大国”だったんだ。

 そして、政権交代後株価も上昇を続けています。日経平均株価が1万円の大天井を突きぬけ、しばらくはもみ合うのかと思いきや、今日は1万1千円の天井も抜ける勢い。マーケットの加熱には不安もよぎります。まずは実態経済の伴った政府の政策に期待したいところです。
posted by おさだ at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61864556
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック