2013年02月07日

北方領土の日

 今日2月7日は北方領土の日。そんな日に中国からは大気汚染という脅威がやって来ている。また、先日は尖閣列島周辺で中国公船によって日本の艦船にレーダーが照射されたことが公になった。

 ふと思ったのだが、中国という国はこれまで他国と戦争をして勝った歴史があっただろうか?常にその大きさゆえに国民の意思をまとめることができずに、敗戦の憂き目を見てきた・・。そんな印象だが。そんな隅々まで統制の取れない大国の軍隊の一戦艦が独自の判断でレーダー照射という戦闘行動の端緒を切っていたとするなら、これ以上危険なことは無い。まして政府の指示による挑発行動であるとするなら、国連安保理に持ち込まれるべき重大事案である。

 国際社会の良識を踏まえない、中国という図体の大きな子どもが今や世界の脅威になりつつある。レーダー照射の問題では公表に時間を要したが、こうしたことを政治の裏側で処理することなく国際社会に訴えた日本政府の判断は正しいと考える。

 大気汚染の問題についても日本政府と国際社会が中国政府に対して毅然とした態度でのぞむよう、県議会でも問題提起をしていきたいと思う。
 もちろん、東日本大震災による災害漂流物の問題や原発事故によって海洋の放射能汚染を招いた自らのことを省みないわけにはいかないが、天災に起因する問題と、政府の不作為、つまりこうなることは分かっていながら対処を怠った中国政府による大気汚染では次元の違う話である。

追申・・その後ロシアの戦闘機が日本の領空を侵犯したとのニュースが入って来ました。
posted by おさだ at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62157934
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック