2013年04月23日

靖国参拝

 閣僚の靖国参拝に対して中韓両国が反発しているとマスコミの報道が喧しい。

 しかし、最近では日本政府が両国の反発を逆手に取っているのでは・・? などと私は勘繰ってみたりもする。

 領土問題や北朝鮮問題は明らかな懸案事項だが、それと同等にTPPをはじめとする国際的な経済政策では、中国も韓国も日本にとっては激しく凌ぎを削るライバルだ。そんな中、日中、日韓外交を停滞させて不利益を受けるのはどちらか? TPP交渉への参加を速やかに成し遂げた日本政府はかなり強気な姿勢を持ちつつあると感じる。従って閣僚の靖国参拝は、いつまでも中韓両国に媚び諂ってばかりはいませんよ、という我が国からのメッセージだと考えたら・・・どうだろうか?
 恐ろしい気もするが、願わくはウォームハート&クールヘッド(心は熱く、頭は冷静に)、政権はそのくらい狡猾であっても欲しいと思いつつ安倍政権の様子を見つめている。
posted by おさだ at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65316251
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック