2013年05月15日

京都・広島へ

 一泊二日の強行軍で京都府議会と広島県議会を訪問してきました。
DCIM0592.JPG
 目的は議会の議員定数削減についての意見交換など。
 過日一票の格差の問題から衆議院の定数が違憲とされた通り、議員の定数は選挙区の人口比例で決められるべきであるされています。神奈川県議会では議員の定数を削減すべく今議論をしていますが、この人口比例の通り定数を減らすとなると、人口の少ない選挙区、愛川町や清川村、寒川町などの選挙区が無くなり、近くの選挙区と合区されることになります。しかし、県民がこうした形の削減を望んでいるかと言うとそうではなく政令市の議員を減らすべきだという意見が強いのが事実。と、私は思っています。

 この問題を解決して行くためにも公職選挙法と地方自治法の改正が不可欠であり、同じ問題を抱えている県議会や府議会を訪問して共に国政に働きかけて行こうとするのが目的の会議でした。

 京都府も広島市も政令市を抱える府県ですので認識を共有することができたと思っています。
DCIM0600.JPG
 余談ですが、こうして県外に出たときはいつも早起きをしてまちを散歩します。今まで広島城ってあまり意識したことがありませんでしたが、みごとなお堀と石垣のある立派な城が広島の官庁街に面してあるんですね。聞けば本物の城は原爆で消失してしまったそうで、戦後になってからかつての資料を元に再建したそうです。それにしても風格のあるお城でしたし、街の真ん中にこんな広々として風情のある空間があるってのはうらやましい限りです。
posted by おさだ at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/67597825
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック