2013年06月04日

ネット選挙解禁

 ネット選挙解禁と聞いて、インターネットで投票ができるようになると思っている有権者が意外と多いのに驚いています。正確にはインターネット選挙“運動”ができるようになるということなのですが・・。

 私なども旅に出る前にはインターネットを通じてまちの情報を集めたり、グルメサイトで食事場所を選んだりすることが多いので、選挙の投票日前にネットを通じて自らの投票先を決める有権者がすでに多いことは確かだと思います。
 そんなわけで議員の間ではここのところにわかにインターネット選挙のための講習会が開かれたり、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルネットワークを始める人が増えています。

 私もこうして日々の出来事や思いをブログに綴るようになって12年目を迎え、これまでも何度か失言をしたり、事実誤認を書き綴り、叱られたり批判されたりして痛い目にあっていますので、ここへ来てにわかにネットに手を出す議員たちには大丈夫?と、危うさを感じてしまいます。いくらインターネット選挙運動が解禁されても告示前に「立候補します。」とか「一票を・・」みたいなことを書けば事前運動と見なされ、物証の残る違反行為となり処罰は免れないし、他者への批判は言葉の選び方一つで中傷となります。了解も得ずに他人の写った写真を載せればプライバーの侵害にあたるし、読者に注目されるようなことを書こうとすれば勢い文章は刺激的になり、それが今回の橋下市長の慰安婦発言のようになれば、容赦ない攻撃を受けて火達磨になりかねません。

 まして、ホームページやツイッターなどを立ち上げるだけで、めったに更新しないような状態を放置すれば、もうそれだけでネットユーザーは「この人ダメ。」となるでしょう。自分で書かずに他人に書かす人はそれ以下。

 近々東京都議選や参院選が行なわれます。恐らくネット利用の選挙運動を通じたトラブルや違反が出るのではないか?その事例に注目していたいと思います。

 私のこのブログは平日のヒットが大体コンスタントに200。週末が150くらい。注目される記事を書いたときの最大値で一日1万弱。日常の200は純粋に注目してくれ、応援する気持ちで読んでくださる方が半分。何を書いているか?とチェックに訪れる方が半分。そのくらいの気持ちで書かないといけないと思っています。
posted by おさだ at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68812931
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック