2013年06月09日

経済再生が最優先

 倒産・失業・貧困・家庭不和・学歴格差・非行・犯罪・自殺・・・

 日本の経済が不況に陥ったことで国民の人生にどれほどの悲劇が生じたか・・・
 それを補う行政施策のためにどれほどの借金を国や自治体が背負ったか・・・

 そういうことを考えれば景気の回復と経済再生は我が国にとって福祉の面からも、教育の面からも、犯罪抑止の面からも、あらゆる角度から見て最重要課題である。だから、今安倍内閣でつかみかけている経済再生の糸口を大切にしたい。その糸が切れてしまうようなことがあったら、もう私たちの国は終わってしまうのではないか。

 今私たち国民は、斜に構えてものを言うのではなく、野党だからといって反対ばかりしているのでもなく、小異を捨ててこの国の“経済”を再生させなければならない時。

 あえて言うなら、憲法改正も大切な課題ではあるが、それによって国論を二分し、政治経済に停滞が生じるようであるならば、今はそれを棚に置いても経済再生に取り組むべきだと思う。

 明日、週明けの市況が気がかりだけれど、アベノミクスで放った3本目の矢、成長戦略をみんなで実現する努力をすれば、目先の株価などにこだわる必要はないのではないか。そして4本目の矢、国家財政の再建に漕ぎ着けるのが、私たち政治に携わる者の使命だ。
DCIM0698.JPG
 からっ梅雨の空を見上げながらそんなことを思うのだが・・。
posted by おさだ at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69103986
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック