2013年07月12日

演説

 演説の演は演技の演。なんて若いころ先輩から言われましたが・・。

 先日の海老名駅前は各党各候補たくさんの陣営で埋め尽くされており、まあそれはそれはにぎやかなこと。民主や維新が衰退するなかでアンチテーゼの受け皿として勢いを増す共産党などは50人規模の団体で駅前を占拠し、弁士が入れ替わり立ち代り、口角泡を飛ばす大説法。その他緑の党、維新の会、どこの党か分からない比例候補・・・。

 しかし、俺も・・熱く語るばかりじゃダメだなぁ・・・と。
 演説に大事なのはリズムと抑揚、流れるようなメロディーか・・。
wakasa.JPG
 こうして自らマイクを握りながらも他者の演説が耳に入って「あぁなるほどなぁ・・」と感心したり、それくらいに自分が高まっていることがあります。主義主張は別として聞くつもりなくとも耳に染みてくるような演説をする人もいるもので、それを聞くのは本当に勉強になります。そうですねぇ・・なんと言うか上手な坊さんの読経を聞くような感じでしょうか・・。
posted by おさだ at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70827546
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック