2013年07月26日

課題と時間

 県議会議員となって7年目になります。

 ついでに言いますと、29歳で市議になってから19年目。

 22歳で政治の世界に入ってから・・・26年か・・・。

 まぁ、そんなことはどうでもいいんですが、こうして政治の仕事を続けていて感じることは、あのこともこのことも、まちづくりや政治的な課題というものは、「ああすべきだ、こうすべきだ!」と声を上げている時はまったくラチがあかないような気がするし、なかなかすぐに結果が出ず憤りを感じるとこばかり・・。でも、こうして歳月を経て振り返れば、ちゃんと実現している課題も多いことに気付かされます。例えば市議になったころ相模縦貫道路なんて、いったいいつ完成するの?と、雲をつかむような話だったし、海老名駅前の開発も夢のような計画だった・・。この間、介護保険も創設され、定着しました。激増した犯罪に多くの皆さんが立ち上がり、今県内の犯罪はピーク時の半数以下となました。そして海老名の小児医療費無料制度は県内一番の充実ぶり・・。もちろんそうは行かなかった課題も多々あるわけですが・・。
DCIM0863.JPG
 参院選から息つく間もなく、今週は県内の各地へ出向いて市町村長さんから来年度の県予算編成に向けた要望をお聞きするヒアリング活動を行なっています。昨日は県央で海老名、厚木、綾瀬、座間、愛川、清川などの首長さん、今日は平塚で湘南方面の首長さんと・・。

 一日で電話帳ほどの厚さにもなる要望書を受け取りながら、「これだけの要望をどうやって、いつまでに・・。」とため息のでるような思いもします。要望している市町村長さんたちも思いは同じでしょう。しかし、少し長い目で見れば必ず実現して行く、そうでなければならない事ばかり。

 まだまだ私もキャリアを積まなければならないと感じます。
posted by おさだ at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71366982
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック