2013年09月30日

栄枯盛衰

 大阪の堺市長選挙で維新が惨敗に終わり、同党の勢いにかげりが見え始めました。
 橋下に始まり、橋下に終わる。負けて憮然とした表情には彼の幼稚さばかりが目立ち、このままでは斜陽に歯止めをかけるのは難しいことでしょう。選挙結果からは無党派層に見放されたことが鮮明で、大阪維新の会もすでに既成政党になったということ。

 維新の衰退は国政での野党共闘に影響を与え、橋下さんに見切りをつけた維新政治家による水面下での動きで、政党の新たな離合集散が始まるのではないかと思われます。ただ、民主、みんな、維新それぞれ政策的な隔たりが大きいので結束や統一は難しい・・と見られがちですが、本質はおそらく違い、つまり野党志向の強い議員と、与党(自民)回帰志向の強い議員による政治的な志向の違いが、政策という看板の違いを装っているだけなのではないかと、私は見ています。
posted by おさだ at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76935317
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック