2013年10月26日

訪台報告

 昨日無事に台湾から帰国しました。

 台湾政府の招請により日本全国から自民党、民主党を始めとする各党の若手議員35名が訪台し、光栄なことに私もその一員として参加することができました。
 現地で国民党(与党)や民進党(野党)の議員、政策担当者らと意見交換をするのが主な目的です。
kokumintou.JPG
 国民党では台湾から日本を訪れる観光客が過去最高を記録するなど、良好な日台関係と今後の馬政権の日本に対する考えなどについて議論しました。
minsintou.JPG
 民進党は中国からの台湾独立を主張する政党ですので主に中国との関係について。

hatsugen.JPG
 特に私からは先日のAPEC以来接近する台湾と中国の関係について発言させてもらい、かなり突っ込んだ意見交換ができ、満足しています。

 日本と台湾の間に正式な国交関係はありませんが、事実上交易や国民の感情面で深い善隣関係にあることを前提に、両党とも東アジアで日本がしっかりとしたリーダーシップを発揮するよう求めていることが実感出来ました。

 そのほか、日本統治時代に造られた台湾総統府の建物や日本人の八田與一氏が台南に建設し、華南平野に水を引いた烏山頭ダムを見学させて頂くなど本当に思い出深い研修となりました。
 そして私をメンバーとして派遣してくれた自民党青年局に心から“感謝!”。
posted by おさだ at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79160475
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック