2007年12月03日

新人

 12月定例議会が始まりました。今回も常任委員会で2時間、特別委員会で1時間程度の質問に立ちます。今、頭の中で質問のイメージを練り上げているところですが、県の担当職員の皆さんは「どんな質問になりそうですか?」と早速質問取りに日参して見えます。

 今日は海老名市議会も開会されたようですね。今回は先日初当選された新人議員の皆さんが一般質問に立たれるそうで、大いにご期待申し上げたいところです。

 私も12年前を思い出します。私が初当選をしたときの議会は正に大荒れでした。なにせ同じく初当選をした市長さんが選挙違反の容疑で逮捕される中での初議会なのですから。辞職勧告決議、問責決議、それぞれに対する賛成(反対)討論、職務代理者の答弁、出直し選挙への教育長の擁立、選挙・・・・初当選して数ヶ月のうちに様々な出来事があり、私にとって初の一般質問なんて答弁する市長がいなかったんですから。そしてそれらを新人だけ四人の会派で乗り切ったのですからそれはもう大変、四人がそれぞれにオールを持ってゴムボートで急流を下るような日々だったと思い出します。

 決して破天荒な経験を自慢するわけではありません。その後も議員視察の問題で右翼の街宣車が自宅におしかけて来たり、色々なことがありましたが、動乱の中で市民の皆さんにとって良い議論など行なわれようもないこと。

 選挙に追われた2007年も暮れていきます。海老名の政治銘柄も一通り出揃ったのですからこれから腰を落ち着けて市民と目線の合った真摯な議論をいていかなくてはならないと自戒しております。市議会新人の皆さんも選挙で訴えてきたことを自分の言葉で自分なりにしっかりと表現して欲しいもの。上手い下手の問題ではないし、与えられた時間を全て使いきらなきゃいけないというものでもないのですから。
posted by おさだ at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7992861

この記事へのトラックバック