2007年11月13日

市長、市議選挙について

 一昨日投票が行われた海老名の市長、市議選挙については終始苦しい対応を迫られた選挙でありました。何か口を開けば弁解になってしまうような気がして昨日はとうとう日記を書くことができませんでした。

 支援議員の橘川さんを落選させてしまったこと、板ばさみの市長選。自分なりに総括すべきことはたくさんありそうです。特に市長選に関しては現職で唯一の県議会議員として現職の候補者の内野さんとは市政県政の連携という観点から支援することが私の果たすべき立場であり、一方の新人渡部さんは私の選挙を事務局として支えてくれた恩人。どちらに対しても「頑張って下さい。」と激励するという立場は結局どちらからの信頼も得られないということは承知のうえだが、しかしそれでもそうせざるを得ない。苦しい数ヶ月間でありました。どちらの方にもどちらの支援者の皆さんにもゆるしを請うよりほかありません。

 そして民意は示されました。政治を私にせず、民意の選択に従って自らの果たすべき役割を担って行きたいと思います。

内野優様 当選おめでとうございます。改革の第二ステージに向かって持ち前の機動力と気さくさを発揮してこれからも具体的で市民に分かりやすい政治を行なって下さい。私のことについては何かと不足の思いもお持ちのことと思いますが、どうかお許しを頂きこれから4年間、ご指導を頂きたいと願っております。

渡部美憲様 残念な結果でしたが、公のためにあえて火中の栗を拾う、そんな挑戦だったのですからどうぞ堂々と胸をはっていて下さい。ただあなたがこれから歩まねばならない長い日々のことを思うと私も経験がありますが、胸が絞め付けられるような気持ちになります。私たちは(内野市長も含めて)なぜこんなにも厳しい人生を選んでいるのだろう?なぜ生活を犠牲にしてまでリスクの高い挑戦をするのだろう?実は私にはまだ答えが見つかりません。何かわかったら教えて下さい。

 ただ少なくとも、人生と言えば少し大げさだが、生活を賭してまで政治に向き合おうとする者がこの海老名には少なからずいるということが、私にとっての誇りであり、市民の皆さんに一番共感してほしいことであるのです。
posted by おさだ at 09:41| Comment(8) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
一人の公人として、ご自分のなされた活動を
もう一度良く考え振り返ってみてください。
あなたの行動によって多くの支援者が失望し
また、あなたへの信頼はもろくも崩れ去りました。こういう感情がなかなか消えないのが
海老名の気風です。もう一度、市議会に立ったときの原点を思い出してください。
Posted by 元支援者 at 2007年11月13日 15:47
『市民の皆さんに一番共感してほしい』という前に、支持された協力者の方を一番に考えてください。落選した方を押した方は今ごろ・・。
それこそ、何も関係ないことで時間を費やし、その候補者をし依頼してきて、何ヶ月も仕事さえ犠牲にしてきたんでしょうから・・。
市長選・市議会選あわせて、今回の選挙であなたの支援をしたかたでも、長田さん以上に板ばさみになった人は何人もいるはずです。

今日の日記はあまり共感できず、良いコメントではないように思えます。
Posted by 今も支援者! at 2007年11月13日 22:25
確かに、日記の中では支援者の皆さんに対する配慮が充分でなかったように思います。申し訳ありません。
Posted by おさだ at 2007年11月14日 09:29
長田さんは誰のも許しなど請う必要は無いと思う。
現職県議として現職市長を応援するのも然り、ご自分の選挙を応援してくれた人も応援して当然。
有権者側が「俺は長田を応援してやったのに、長田は俺の支持する人を応援しなかった」と感じるのは自由だが、長田さんがその声をあまり意識したりそれに縛られるようになれば、それこそ長田さんが訴えていた“しがらみ”につながるのでは。
また、選ばれた側の人々が「長田は俺を応援しなかった」などといつまでも言っているようではその器が知れるし、そんなことがあれば県政と市政の間がギクシャクとしたものになり、不利益を被るのは当然住民。
選挙の年もまもなく終えようとしているが、選ばれた人が本当に試されるのはこれからだと思う。
Posted by 市民 at 2007年11月15日 09:34
誰を応援しても構いませんし、市民さんの言われる事ももっともだと思います。
が、市長選での両陣営での『あいさつ』のなかで言われたこと、矛盾していませんか?
ご自分の行動、言動に一貫性がありましたか?『しがらみ』にずっと拘ったのも本人。
そんなあなたを見ている人もいるのですよ。
Posted by もう終わったことですが・・・。 at 2007年11月15日 23:50
私人としての「しがらみ」は当然あるでしょうが、公人としては、当然公人としての道理を貫いて頂きたいと思います。灰色の態度は訝しげで残念でした。
海老名の民意が貴殿を代表として認知しているのですから。自身を持って行動して下さい。
多くの民意は馬鹿では無いですよ。
第二ステ−ジの内野市政に期待しています。
やま
Posted by やま at 2007年11月16日 00:18
 矛盾、しがらみ、灰色・・・

 今皆さんに約束できることは今後も市政と県政の連携を損なわないよう、努力をして行くということ。

 ご批判は甘んじてお受け致します。
Posted by おさだ at 2007年11月16日 08:09
4月の県議に当選後、自民党入りした時も批判をうけましたね。市民はあなたの動きをじっと見ています。          内野氏は、民主と公明をバックに再選されたと、ニュースで見ました。だからなぜ板ばさみなのか、解せません。      市長が変わったら市政と県政が連携とれない、そんな事はあるはずがないですよね! 県議は一人だけです。今後のご活躍、期待してます。 
Posted by なかなか at 2007年11月18日 09:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7992875

この記事へのトラックバック