2007年11月09日

公職選挙法の改正を

 昨日所用あって選挙管理委員会の方を話をしたところ、今回の選挙では選挙カーなどからの騒音被害について市民の皆さんからの苦情が殺到しているそうで、各陣営に対して選管より「スピーカーのボリュームを下げるように。」と異例の要請が行われたとか。

 今、自民党本部では成立後50年を経過した公職選挙法について、時代に合わないものになっているという観点から基本から洗いなおす意味での法改革を進めるべく検討作業に入りました。私は本部の研究員の方を通じて「単に違反事項を見直すだけではなく。一般国民の皆さんが受け入れてくれるような選挙運動が展開できるよう、魅力ある制度を作り上げて欲しい。」とリクエストしました。
posted by おさだ at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7992878

この記事へのトラックバック