2007年10月31日

選挙違反防止に向けて

9f0ce512.JPG 自民党海老名支部主催による選挙違反防止講習会を実施致しました。5日後に始まる海老名市長、市議選挙に出馬する候補者のうち自民党の党籍を持っている11人の候補者の陣営幹部の皆さんを対象に実施させて頂きました。
 講師には党本部より上級専門職の加藤千晴先生を招き「最近の選挙違反事例とおちいりやすいミス」という点に絞って講演して頂き、会場を埋める参加者の皆さんからは熱心な質問が相次ぎました。

 天下のザル法と呼ばれた公職選挙法。選挙違反をしないで当選する候補などいない、というのも実態だと思います。しかし、最近では以前のようなあからさまな“買収”のような違反を犯す陣営が少なくなっていることから、それでも検挙実績を挙げたい司直は以前なら問題にならなかったような軽微な、言わば形式犯的な違反でも一気に逮捕まで持ち込むような事例が出てきています。つまりいきなりザルの目が一つ埋まるような判断をしてくるということ。

 海老名から選挙違反が出れば、「あぁ海老名ってところはそういう風土のまちなんだ・・・」と周囲の人たちから思われてしまうもの。違反の無いクリーンな選挙を実現しましょう。
 
posted by おさだ at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7992888

この記事へのトラックバック