2007年08月18日

重ねて・・・

 昨日記した政務調査費の問題について、今国会で問題となっている「事務所費」の問題とは全然違う問題であることをご理解頂きたいと思います。国会で議論されているのは政治家等が自らの努力で支援者から集めた政治献金をどのようにして使っているか、その収支報告の有り方について議論されているもの。法的根拠は政治資金規制法。

 一方私たちが今問題としている政務調査費は公のお金、つまり皆さんから頂いた税金の中から議員に対して交付されているお金の使い道の問題。法的根拠は地方自治法。

 つまりお金の性質がまったく違うものですから議論をごったにしてはいけない。そして、政治家が自分の努力で集めてきた献金の収支報告が「1円からの領収書添付」ということを軸に議論が進められているわけですから、公金である政務調査費の収支ならもっと厳格にすべき問題であることは皆さんもご理解頂けるものと思います。

 そこが最も大切な論点。これ私の考えです。
posted by おさだ at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7992926

この記事へのトラックバック