2007年06月09日

バベル

4321b36e.JPG 昨日はNPO法人ほっとステーション海老名の夜間パトロールを行なってまいりました。若干若者たちのタムロがヤマダ電機の西側通路あたりで見受けられるものの泥酔者も少なく比較的静かな夜でした。

 先日バベルという映画を観ました。映画の内容はさておき、聾の少女役を演じた菊地凛子という女優さんがカンヌ映画祭でその演技を高く評価されたことから一躍有名になった映画です。
 評論では少女の寂しい気持ちをみごとに演じきったと彼女の演技が海外でも絶賛を浴びたとのこと。確かにその孤独な視線、陰のある表情、少女らしいぎこちなさと大胆さ、それはドキッとするほど魅力的でした。

 しかし、思ったんですよね。彼女のような目をした少女はときどきこの駅前でも見かけるような気がすると。彼女が演じた少女の寂しさは日本の若者たちの実は結構一般的な実態なのかもしれないと。
posted by おさだ at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7992960

この記事へのトラックバック