2007年05月17日

この気持ちを缶詰にして

 開会を知らせるブザーが鳴る。執務室を出て県庁の長い廊下を歩くとその先に県議会の議場がまばゆく口を開けて待っている。
 とてもとても長い廊下に感じました。少し暗めの廊下にコツ、コツ、コツと響く靴の音。あの全戸訪問の夕闇で耳に響いた足音と重なります。コツ、コツ、コツ・・・
 警備の人、議会局の職員さん、その視線を感じながらステージに上るような気持ちで議場に入りました。
 最前列から二列目、中央やや右よりに私の議席があります。居並ぶ幹部職員。緊張した面持ちの松沢知事。一礼して議席に就いたときにはやはりジ〜ンときましたね。本当に耳の奥で“ジ〜ン”て音がするような感覚。こんなふうに晴れやかな気持ちになれるなんて・・・なんと私は幸せ者だろうか。
 本会議は会期の日程を確認してわずか15分で終了しました。まだまだ座っていたいような。

 この気持ちを缶詰にして保存しておけたら。そんな思いの初日でした。
 改めて、ご支援頂いた皆様に感謝です。
posted by おさだ at 09:11| Comment(1) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
初心忘るべからずですね。

おさだ県議に投票された方のほとんどの気持ちだと思いますよ。

この気持ちを忘れないで頑張ってください。
Posted by ふうま at 2007年05月17日 13:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7992971

この記事へのトラックバック