2007年05月02日

執務室

277e244c.JPG 県議会議員には会派ごとに執務室という部屋が与えられます。写真は今期私が使用することになる机です。ノートパソコンが貸与されるのはありがたいことですね。ネットにも接続できますので自宅や事務所との間でデータのやり取りができ、資料の持ち運びが格段に楽できそうです。

 さて、昨日はバッチの交付式と併せて自民党内で新人議員に対するレクチャーがありました。のっけから「新人の皆さんには最初の定例議会で委員会質疑を行なって頂くことになっておりますからそのつもりでしっかり勉強して下さい。」との下命。(団長より)目を白黒させている新人もチラホラいるのかな・・・今回自民党の新人9名のうち議会経験のある者は3名。未経験の人たちにとってはいきなりパンチをくらわされちゃった感じでしょうか。最初くらい先輩が手本を示してあげればいいのに、これも洗礼というやつでしょうか。
 続いて昨今話題となっている政務調査費のことについて説明を受けました。現在検討委員会で検討しているから・・・・云々ということでしたがやっぱり「ちょっと待った。」が出ちゃうんですよね私の場合。それで申し上げました。「おそれながらこの問題、社会の注目を集めている中、私たち新人としてはかなり踏み込んだ積極的な発言をして選挙に当選してきています。ついては使途の公開、領収書の添付も含めた、県民に理解される結果を出して頂きたい。」

 さすがというか、その後検討委員を務める先輩議員の方は私とサシで30分近く話をし、意見を聞いて下さいました。「是非俺も検討委員会のメンバーにしてくれ。」と言いたかったけど・・・いきなりやり過ぎて嫌われてしまってもね。とりあえず新人として名刺がわりに自己アピールはできたかな・・・・

 本日も自民党県議団の会議があります。
 生意気かも知れませんが9名の新人によって“志士の会”を立ち上げさせて頂きます。
posted by おさだ at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7992983

この記事へのトラックバック