2007年02月18日

ガンからあなたを救う

 毎日の対話集会の中で皆さんにお話したいことは山ほどあるのですが、必ずお話させて頂くテーマがあります。それは「健康」。中でも「ガン治療」に対する神奈川県の果たすべき役割について。

 神奈川県には二俣川に「県立がんセンター」というガン専門の医療施設があります。この施設をもっともっと活用して最先端のガン治療や専門医の育成を進めるべきだと。

 現在の最先端ガン治療では、従来の放射線治療に代わって「重粒子線治療」という技術が開発されています。これは重粒子イオンを照射して狙ったガン細胞をピンポイントで死滅させる新しい技術で、副作用が少なくまたガン細胞を死滅させる効果が極めて高いことが分かっています。現在この装置を設置している医療機関は神奈川県内に二ヶ所だけであり、いちるの望みを託して治療を望む多くの患者さんが順番待ちをしている状態です。

 装置が非常に高価で照射技術を得とくした技師が少ないことから普及が進まないのが現状。しかし、県行政としてはがんセンターを是非とも活用して装置を導入し、技師に育成に努め、最新技術の普及に向けた努力をすべきだと主張したいのです。

 重粒子線治療については 重粒子線治療 というキーワードで検索して頂けば様々なページでその内容が紹介されていますのでよろしかったら確認してみて下さい。
posted by おさだ at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7993019

この記事へのトラックバック