2007年01月19日

記者会見

 昨日、県庁の記者クラブを訪ね「県議選出馬」を表明する記者会見を行なってまいりました。
 毎日、読売、神奈川、朝日などの記者の方たちにご参加頂き私なりの思いまたけをぶつけてきた、というところでしょうか。記事になるかどうか・・・は判りませんが。

 ただ、取材の中である新聞記者の方が「長田さんの日記をずぅっと読んでたんですよ。」って言ってくれたのが嬉しかったなぁ。
 「こういう言い方はどうかと思いますが、落選した人がどんな日常を送るのか、とても興味があったのです。だって選挙のときは色々と主張しても落選するとなんとなくいなくなってしまう人、多いじゃないですか・・・」 とも。

 確かになぁ・・よくも四年もガマンして、そして書いて来たと俺も思うよ。ただ、これも総て4月8日のためだから、なんとしても結果を出さないと。

 帰路の途中で電話をくれたある代議士事務所の秘書さんからは「長田さん!陣営の中に妙に楽観しているムードが漂ってきてますよ!しっかり引き締めて下さい。」との忠告あり。
 楽観どころか崖っぷちに立ってる俺なのに、“自信と慢心は紙ひとえ”ということか。
posted by おさだ at 09:45| Comment(2) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
 はじめまして、矢作と申します。このコメントが返信されるのか気にしております。それも、慢心のような気が。もし、目に留めてもらっていないということが分かれば。皆、政治には関心ないんですかねぇ。コメントしてこないところを見ると。
Posted by 矢作 英之 at 2007年01月28日 12:25
なかなか・・・ね。
コメントは集まらないのが現実です。
反応の無い相手に書き続けるのはマスターベーションに近いものがありますが、それでも訪問してくれる人の数は安定的に増えているのです。

「政治とは無関心でいられても、無関係ではいられない。」もの。何か気づいたことがあったらこれからも書き込みして下さい。
Posted by おさだ at 2007年01月29日 10:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7993032

この記事へのトラックバック