2006年11月30日

安倍政権は短命か・・・

 自民党が郵政造反組の議員を復党させた問題についてははっきり言って失望している。あの人たちも「もともと郵政民営化には反対していなかった。」なんて今になってよくも言えたもんだと、みっともないを通り越して悲惨としか言いようが無い。つまり小泉政権打倒と自分が良いポストに就くためのまさに造反だったということか。

 さて最大の問題は「安倍総理には信念が無い。」という印象を国民に与えてしまったことだろう。これは・・・自民党というよりも安倍政権にとって非常に大きな問題。もしかするとこの政権は短命におわるのではないか?という気がしてきた。そしてその後に待っている政権は・・・「小泉再登板」なんてことあるのかも。
posted by おさだ at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7993060

この記事へのトラックバック