2006年10月28日

審議拒否では何も解決しない

 始めに申し上げておきますが、私は自民党からも民主党からも支援を受けていない者ですので客観的な気持ちで言わせて頂きたいと思います。誠に残念なことに国会では教育基本法の改正審議について民主党がまたしても禁じ手の「審議拒否」という状態が続いております。

 先日の補選で民主党がなぜ勝てなかったのか?残念ながら彼らの教訓とはならなかったのでしょうか。あの選挙で二つの選挙区の有権者は候補者個人を選んだというよりもむしろ“政権政党”を選択したのだと私は思っています。それは例えば第三の候補者である共産党の得票が著しく減ったことにもよく現れていると思います。そして民主党が思いがけない大差をもって選ばれなかった理由は、失礼な言い方かもしれませんが同党が国会において政権与党を批判することばかりに甘んじていて“政権を任すには心もとない政党”と有権者が判断した結果とは言えないでしょうか。

 教育基本法の改正について言うならば民主党はしっかりとした対案を出しているではないですか。「日本を愛する心」とした部分などはむしろ自民党案などよりも優れていると思うし、自民、民主の両者がしっかりとかみ合った議論をすることで国民の大多数が支持する中でこの国の新しい教育指針が出来上がって行くと期待していました。それなのに審議拒否とは・・・・次の参院選で勝つために社民、共産勢力を巻き込む野党共闘を目論んでの審議拒否であるならばまったくお話にならないこと。こんなことを続けていたらいつまでたっても万年野党の民主党ということになってしまうのではないか?と私は危惧します。

 老婆心ながら国家のために思いを込めて言うのですが、あなた方民主党がしっかりして政権交代可能な二大政党の時代を作り上げなければ本当の意味での政治の緊張感が維持できないのです。残念ながら今の政治は“政権交代の無い”二大政党時代であり、自民党の中だけで守旧派やらチルドレンやらと言った対立が緊張感を醸し、公明党が右傾化のブレーキを踏むといった形。つまり与党の中だけで政治が行われているのだ実情ではないでしょうか。
posted by おさだ at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7993079

この記事へのトラックバック