2006年10月19日

ヤモリ

ef6b6851.JPG 夜中にパソコンに向かっていると・・・なにやら背後にうごめく生き物・・・・クローゼットの扉にしがみつく「ヤモリ」を発見しました。ニホンヤモリと言われる種で漢字では守宮と書きます。家屋などの建物だけに住みつく生き物で中国では壁虎と書き、害虫を食べてくれる益虫として縁起のよい生き物とされているそうです。

 自然とか生態系といったことにそれなりに興味のある私です。先日もPTAの会合で鳥の話をしていたとき、「なんでそんなに鳥のこと詳しいんですか?」と聞かれました。「環境分野が私が最も関心のある政治分野ですから。」と答えました。それでいろいろなことに目が向くのですが、最近ではこのヤモリを見かけることが多くなりました。餌を求めて深夜のバーの電光看板なんかにへばりついているのを見ると、なかなかそのシルエットが格好いいなぁ・・・なんて思ってみたり・・・でも気になるのはやはり温暖化の問題です。海老名で生まれ育った人なら昔はそんなにヤモリなんて生き物は目にしなかったのでは?辞典をひけば「本州南部に生息」と記されています。ハワイやグアムあたりに旅行した人ならホテルの天井に張り付く姿を目にした人も多いと思いますが、このあたりも徐々に熱帯の気候に近づいて来ているのでしょうか?
posted by おさだ at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7993085

この記事へのトラックバック