2006年06月17日

大変なことです。

 北朝鮮が核ミサイル「テポドン2」の発射準備を終えたと昨夜から報道されています。以前発射された「テポドン1」は日本の上空を越えて太平洋に着弾した経緯がありますが、今度の2はアメリカ本土をも射程におさめる強力なもの。すでに自衛隊と米軍は日本海にイージス艦を配備し、情報の収集と万が一に備えたプロテクションを固めているそうだが、これは大変な問題です。

 日本の首都東京から見れば北海道より近い隣国で核爆弾が発射されようという具体的な脅威が生まれたというのに・・・・テレビでは相変わらずワールドカップに村上ファンド・・・・

 刃物をつきつけても慌ててもくれない隣人に一番驚いているのは北朝鮮の方だったりするのか・・・


追伸・一昨日だったか、民放のテレビ番組がドイツでキムジョンイルの有力後継者と目される次男を発見。妻らしき人物との様子を撮影すると共に突撃インタビューして音声を収録したとしてその模様を放送していました。
 まったくもってこいつらは何を考えているのか?とその放送局のバカさかげんに苛立ちを覚えます。いくらキムジョンイルの息子と言ったって一民間人である。姿を盗撮して全国ネットで放送してしまってその人権はどう守られているのか?
 事と場合によっては重大な外交問題に発展しかねないし、下手をすればその程度の理由でヤケを起こしかねない核保有国が相手だということくらい承知しているだろうに。
posted by おさだ at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7993165

この記事へのトラックバック