2006年06月05日

初夏の龍峰寺

7b91f2df.JPG 国指定重要文化財「木造千手観音」が祀られている国分の龍峰寺。清水寺公園と言った方が場所をご理解いただけるかな。

 初夏の龍峰寺は木漏れ日をたずさえ、観音像を守るように山門に立つ二体の仁王像もどことなく涼しげです。
 公園の斜面で遊ぶ子どもたちの声、手をつないで散歩する保育園の園児たち。海老名にも良いところがあるなぁ・・・・

 と、そのとき“ガガガガガー”静寂を破るトラックの音、狭い参道を暴走族にように駆け抜ける。園児たちにおおいかぶさるようにして守る保育士。立ち上がる土煙。トラックのボディーには「海老名市」の文字。資源回収のトラックである。“ブブブブブー”仁王門の前で旋回すると積むもの積んで、いかついオヤジが二人、子どもたちを一瞥しながらまた暴走して出て行った。

 よほど忙しいのだろうけど・・・場所をわきまえろと言いたくもなる。仁王像の顔が怒っていた。
posted by おさだ at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7993172

この記事へのトラックバック