2006年04月22日

観音堂にて

ef261924.JPG 大谷の観音堂の前に出ました。日差しも強いし、木陰で一休みさせて頂くとするか・・・・堂には色々な掛け軸が飾られています。そのうちの一枚にこう書いてありました。
 忍耐
「忍耐とはじっと我慢していることではなく、自分が決めた生き方に対して積極的に身体を動かすこと 人様の言葉を待つような受動的な生き方では 己の道は拓かれない 開運を望むなら忍耐すなわち大きく行動することである」

 本当にそうだよなぁ・・・・なんだか俺のために掛けといてくれたような話だなぁ・・・なんて思っていたところへ和尚さん登場、。数ヶ月前にテレビにも出演された和尚さんであることは私も知っていましたので
「テレビ見ましたよ。」
と声をかけると
「あなたさんはどちらから?・・」
「いやどちらと言いますか市内の本郷です。」
 お互いに青空を見上げながら二、三言葉を交わして立ち去ろうとすると
「ちょっとお待ちなさい。」
 と言ってお堂の中から漬物を出してきて私に下さいました。

 俺のあいさつまわりもいよいよ托鉢(たくはつ)の域に達して来たなぁ・・・なんて思っちゃいましたよ、ましてお坊さんから頂いちゃうなんて。
 あと三日ほどで大谷を終えそうです。
posted by おさだ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7993198

この記事へのトラックバック