2006年04月17日

相鉄線の小田急乗り入れについて

 昨日、県央地域の事業家の皆さん200人ほどが加盟して構成されている「県央経営者会」(会長はあの居酒屋わんのオーナー)という団体主催によるシンポジウムに参加してきました。シンポジウムの目的は相鉄線を小田急線に乗り入れさせて厚木以西の地域を活性化させようというもので厚木、伊勢原の市長や小田急、相鉄の関係セクションの課長級職員が参加してのパネルディスカッションでした。

 海老名としては・・・相鉄線が小田急に乗り入れられては損という考えが支配的であり、このシンポジウムに招待を受けた市長も参加を断り、経済界からも政界からもほとんど参加者らしき姿はありませんでした。

 私に対しても「行かない方が良いのでは・・・」というアドバイスをくれる人もいましたが、県政参画を目指す私としては広域行政としての視点は欠かすことができず、海老名だけの利害にとらわれず「県央の発展イコール海老名の発展」といった思考は必要なこと、そして少なくとも状況は見極めておかなくてはいけない、という思いもあり参加してまいりました。

 さて、シンポジウムの中では相鉄線に特急列車を設ける構想があるという相鉄さんからの発言もあり、これが新聞のトップ記事になったりしておりますが、肝心の小田急乗り入れについては「2分に一本の列車が走る過密ダイヤの中で小田急と相鉄の線路を平面で交差させて乗り入れすることは不可能。相互乗り入れには線路の立体化による接続が必要となるがそれには数百億円の投資が必要。また現在海老名駅で行っている駅舎の改良事業も無駄になってしまう。」という小田急の発言で先行きがとても険しい、ということが明らかになった・・・という感じかな。

 一生懸命活動している皆さんにはちょっと気の毒な状況ですが、でもね、いつも思うのですが「散歩のついでに富士山のテッペンに登った人はいません。」そこまで登ろうと決めて目の前の一歩を踏み出した人だけがその眺めを知る“可能性”を手にするわけです。日本中に穴を掘って下水道を整備しようと最初に考えた人、本州と北海道の間にトンネルを掘ろうと考えた人、みんな最初はだれからも相手にされなかったのでは? 相模線の複線化、新幹線新駅、東名綾瀬インター、厚木基地の民間共用!夢をもってやって行きましょうよ!

 
posted by おさだ at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7993201

この記事へのトラックバック