2006年03月29日

鳥インフルエンザ等の鑑定施設が海老名に。

 神奈川県が海老名市内に建設を進めようとしている「家畜病性鑑定所」並びに「畜産保健衛生所」について、冷静かつ客観的に事実のみをお伝え致します。

 現在、行政システムの改革を推進している神奈川県では、畜産農家に対する衛生や安全の指導などを行う県内4ヶ所の「家畜保健衛生所」と一ヶ所の「家畜病性鑑定所」を二つに再編統合し、そのうちの一つを海老名市本郷の畜産技術センターに移転、新設する計画を進めています。

 県からの情報によれば、この家畜保健衛生所、並びに家畜病性鑑定所では家畜の病気を防ぎ、健康を守るため、家畜農家に対する衛生指導や家畜の健康検査を行うとのこと。また動物用医薬品の適正使用の指導、獣医師への指導を行うそうです。
更に、通常病気などの家畜を施設内に持ち込むのではなく、獣医師である職員が畜産農家等に出向いて家畜の健康チェックや指導を行うが、必要に応じて家畜の血液や飼料などを所内に持ち帰って精密検査を行うとのこと。

BSE検査はすでに行われています。
 地域ではあまり知られていませんが、牛海綿状脳症(BSE)については平成15年4月より24ヶ月齢以上の死亡牛については法令で検査が義務付けられており、すでに既存の畜産技術センターに死亡牛を搬入して検査が行われているとのこと。

今後の日程
 平成18年度に測量、基本設計。平成19年度に実施設計。平成20年度内に建設。
posted by おさだ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7993212

この記事へのトラックバック