2006年02月01日

災害ボランティアネットワーク

033ffce7.jpg 一昨年、新潟での震災の際にボランティアで現地入りしたこともあり、そのご縁で「災害ボランティアネットワークえびな」の会員にさせて頂き、ボチボチとではありますが活動に参加させて頂いております。

 先日の土曜日には中新田の連合自治会主催による防災訓練が行なわれ、私もスタッフの一人として参加させて頂きました。写真は避難所に設置する簡易トイレの組み立てを体験する参加者の皆さん。

 全国に広がりをみせつつあるこの「災害ボランティアネットワーク」という団体の最大の活動目的は、いざ我がまちが大規模災害に見舞われたとき、いち早くボランティアセンターを立ち上げて、全国からやってくるボランティアの人と「ボランティアを必要としている人」を速やかに効率良く結びつけること。混乱に陥っている被災地ではこれが簡単なように見えて大変なことなんです。そのため、この団体では「立ち上げ訓練」と称してボランティアセンターの立ち上げを想定した訓練を定期的に行なっております。
posted by おさだ at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7993239

この記事へのトラックバック