2005年11月01日

生態系

e6203c65.JPG職場の近くの市道わきでタヌキが車にはねられて死んでいるのを見かけました。住宅の立ち並ぶ市街地の一角です。
「こんなところにもタヌキがいるんだねぇ。」と近所のお年寄りが手を合わせていました。
「そうですねぇ。」と私。「いやいや、東京のど真ん中にもいっぱいいますよタヌキが、特に永田町あたりにねぇ・・・。」と通りがかりの紳士が言ったかどうかは記憶に定かではありませんが (゜゜)

 さてさてこのタヌキ、こんな市街地こどうしてやって来たのやら。人間の乱開発で山里を追われたのか?それとも人間社会の住環境に慣れて繁殖を広げているものか?いずれにしてもこの国の生態系、本当にハチャメチャになってしまうような気がして実に心配です。


余談ですが・・・
 平成狸合戦ぽんぽこ というスタジオジブリの映画を思い出します。多摩ニュータウン計画で山里を追われたタヌキたちの苦闘の日々をユーモラスにえがいたアニメ映画ですが、私は環境問題を取り上げた立派な社会派映画だと思っています。
posted by おさだ at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7993297

この記事へのトラックバック