2005年09月13日

この際前向きに

 自民党の圧勝というより民主党の独り負けに終わった今回の総選挙。
さてと・・・どう総括してよいやら、悩みますね。これは。自民圧勝で郵政改革、財政改革、外交、年金改革etc・・・どんどんやれ!なんて言うとあまりにもミーハーな気がするし・・・かといってあたかも独裁政権ができるようなことをわけ知り顔で言うのもはばかられる。

 結論的にはやはり「自民党よ、小泉さんよ、これだけの国民の信任を得たのだからこの選挙で表現した郵政改革を速やかに成し遂げ、年金や外交などの諸課題に真摯な姿勢で立ち向かって欲しい。」というのが率直な思いだ。
 
 民主党の大敗については選挙前の日記にも書いたが政策ではなく議論に対する姿勢が国民の冷めた批判を浴びた結果ではないか?と感じている。
 民主党で落選した候補者の多くが「選挙中の(良い)反応と違った結果が出た。」と、信じられない表情を浮かべていたが、選挙の演説会などにやってくる、熱心な支持者というのは全体からすればわずかな数で、その裏側でもの言わずじっと政治を見つめているサイレントマジョリティーの存在をもっと意識して欲しかった。その点では逆に小泉という人はその“もの言わぬ大衆”の心理をつかむという点においては天性の勘をもっているんだろうなぁと感心せずにいられない。

 いずれにせよ解党的な出直しを迫られるであろう民主党にはこの際内紛でもコップの中の喧嘩でもなんでも徹底的にやって、批判勢力で居つづけることしか能のない、何でも反対人間たちと決別して良識ある、政権担当能力のある野党第一党を形成して欲しい。小沢一郎さんには、悪いが亀井静香さんたちと一緒になってもらったらいいじゃないか。

 その他雑感
・新党大地  拓大の鈴木宗男先輩の国政復帰には心和む感もあるが・・・・この前まで悪の権化みたいに言ってたマスコミが今度はこぞって娘の姿や親子愛みたいなもので同じ人を売り出して視聴率を稼いじゃうってのには商業主義もいいけどいい加減にして欲しいよなぁ。

・刺客候補の多くが小選挙区で負けた   これはやはり地域ナショナリズムに火を点けてしまった結果で、広島出身の友人は言ってました。「今まで選挙なんか行ったことないけど、今回は帰郷してでも亀井さんに一票入れに行く。」って。そりゃそう思うのも無理ないかもね。

・やっぱり  小選挙区制というのは極端な結果が出てしまう制度なのか?

・この激しいまでに高まった国民の支持に   実は戦慄を覚えるほどの恐怖や不安を感じている自民党の政治家がいるなら、その人は本物だ。

・まさか!!   自分が国会議員になるなんて思ってもいなかった比例名簿下位の人。秘書の手配、事務所の設置、あいさつまわり、新人議員研修、スーツも新調しなきゃ!黒塗りの車も買うのか?!・・・・・とりあえず女房によく事情を説明しなきゃね。
posted by おさだ at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7993324

この記事へのトラックバック